交通事故の慰謝料の基準額

交通事故が起きた際の慰謝料の請求の金額についてですが、自賠責法によって、その金額の計算方法が定められています。まず自賠責保険の決まりによると、一日4200円が支給されるという事になっています。さらにそこに治療期間が加味されて、総額が算出されるという事になります。

治療期間によっては、その金額に大きな違いが出てくるのです。その治療期間の計算方法ですが、二通りの方法が存在しています。まず一つ目は、入院した期間と通院した期間を合わせて合計した期間を治療期間とする計算方法です。

そしてもう一つは、実際に病院に通院した日数を2倍に計算した日数を治療期間とする計算方法です。それら二つの方法で計算してみて比較して、その結果日数が少なくなった方の期間を実際の治療期間と決める事になります。

ちなみに自賠責保険では、一人当たりの最高金額は1200000円となっていますので、それを超えてしまうような時には任意保険会社か、加害者本人が支払わなければならなくなります。

慰謝料の相場